弁護士費用特約

弁護士費用特約
(べんごしひようとくやく)とは?

自動車保険契約時に保険会社から薦められる「弁護士費用特約」
しかしながら、いったいこの特約はどんなメリットがあるのでしょう?

「弁護士費用特約」で何が出来るの?

弁護士費用特約交通事故が起きた際には、相手側の保険会社と話し合いをするのですが、すべてのケースにおいてスムーズに示談交渉が進む訳ではありません。実際によく耳にするのは相手側の保険会社の対応が悪く、慰謝料の提示額や計算方法がよくわからない。など、交通事故による苦痛以外に保険会社による対応の悪さが精神的苦痛になっている場合が多いようです。そんな煩わしさは弁護士にまかせて治療に専念することが「弁護士費用特約」で出来ます。一般的な保険会社の弁護士費用特約では

・弁護士、司法書士、行政書士への報酬などに掛かる費用を300万円を限度に保険会社が支払ってくれます。

「弁護士費用特約」を使っても更新時、保険料は値上がりしません。

次回からの保険料の値上がりを気にして、交通事故を起こした際に保険を使うか迷ってしまう方も多いかもしれません。しかし!弁護士費用特約は使っても、一般的には保険料は値上がりしません。(保険会社により異なるケースもあるので、実際に使用する場合は弁護士へご相談ください。)

弁護士費用特約を使うとこんなメリットも!

実際に弁護士に頼んでみると思いがけない効果もあります。それは保険慰謝料が大幅にアップする場合が多いのです。えっ!なんで!?って思われる方もいると思いますが、それは慰謝料の計算方法が保険会社が算定するのではなく、弁護士は裁判の実例に基づき保険慰謝料を算定するのです。しかも裁判の実例の方が保険会社からの慰謝料より多いのです。増額分から弁護士へ成功報酬を支払っても得する場合が多いのです。まずは弁護士へ相談するこをオススメします。

まとめ

  • ・相手側保険会社との煩わしい対応を弁護士がやってくれ治療に専念出来る
  • ・ 弁護士費用特約を使っても保険料は値上がりしない
  • ・ 慰謝料が増額する場合が多い

Copyright(c) 2013 交通事故 慰謝料&示談 弁護士なら【ジコレフ】 All Rights Reserved.