• HOME > 
  • 交通事故の事例

交通事故の慰謝料請求・示談金関連の案件に関わる弁護士

交通事故の事例

「交通事故」に遭ったときにはいろいろとつらく、気持ちも落ち込むこともあります。しかしながら、相手によってはそこにつけこまれ、自分に不利な状況を作られることも可能性としてあります。その前に、自分と家族を守るためしっかりとした弁護士にできるだけ早く相談し、プロの対応をはかりましょう。こちらでは、ジコレフに掲載しております弁護士を紹介することができます。

  • 弁護士 大崎康二(堀江・大崎・綱森法律事務所)

    裁判で12級の後遺障害等級が認められた椎間板ヘルニア事例

    交通事故によって腰椎椎間板ヘルニアの症状が再発したというケースで、自賠責保の手続では後遺障害に該当しないという判断でしたが、その後の裁判で「協力医の意見書」を提出することで12級の後遺障害と認められました。/札幌北海道[執筆: 弁護士 大崎康二(堀江・大崎・綱森法律事務所)]
  • 弁護士 小野暁世史(札幌・石川法律事務所)

    ヘルニアを持っていると損害賠償額が減額されるの?

    ヘルニアを持っていると損害賠償額が減額されるの?もともとヘルニアを持っている人が今回交通事故に遭ったときには「素因減額」が問題になってきます。/札幌北海道[執筆: 弁護士 小野暁世史(札幌・石川法律事務所)]
  • 北澤慎之介/北澤慎之介法律事務所

    むちうちの後遺症の認定で損害賠償金大幅アップ

    交通事故で、首や腰にむちうち症状が出た場合、後遺障害認定されると、慰謝料などの損害賠償金は大幅に高くなります。後遺障害の認定は、治療終了後の症状によって異なります。/札幌北海道[執筆: 弁護士 北澤慎之介(北澤慎之介法律事務所)]
  • 北澤慎之介/北澤慎之介法律事務所

    死亡事故の被害者によって変化する「逸失利益」3つの事例

    人の命はお金には代えられません。しかし、交通事故で亡くなられる方はいます。この記事では実際にあった3つの交通事故の判例を元に「逸失利益」の意味と合わせて、慰謝料額の内訳を探っていきます。/札幌/北海道[執筆: 弁護士 北澤慎之介(北澤慎之介法律事務所)]
Copyright(c) 2013 交通事故 慰謝料&示談 弁護士なら【ジコレフ】 All Rights Reserved.